2020年 物欲スニーカーランキング

2020年 物欲スニーカーランキング
2020年のスニーカー紹介を締めくくる「物欲スニーカーランキング」です。
今年紹介した約270足のスニーカーから、個人的に物欲を刺激されまくった10足を紹介します。

今年もソールやアッパーなど最新テクノロジーを満載したスニーカーが多数発売される一方、定番モデルのカスタムも多彩なバリエーションでリリースされました。
昔は奇抜なハイテク系が好きだったのですが、ここ数年はシンプルな定番デザインに好みが移行しており、紹介するスニーカーも定番寄りになっています。
ハイテク系も、もう少しシンプルなデザインが増えると個人的にうれしいなと。

それでは2020年の物欲スニーカーランキングをお楽しみください。

1位:
adidas Originals STAN SMITH SUPER STAN
adidas Originals STAN SMITH SUPER STAN
ひと目見て、素直に格好いい! 欲しいと思った1足。
スタンスミスをペイントでスーパースターのデザインにアレンジしたモデルです。
ペイントアレンジはよくありますが、色味の選び方、ハンドペイント的なかすれた塗り具合など、デザインセンスが抜群。
アイデアだけでは作れない格好良さのスニーカーです。
アディダスの名作スタンスミスとスーパースターを同時に味わえるところ嬉しいです。
紹介記事チェック  在庫チェック

2位:
DENHAM x NIKE AIR MAX 95
DENHAM x NIKE AIR MAX 95
デニム素材の重厚さがたまりません。
エアマックス95のイエローグラデは、それだけですでに格好いい、完成されたデザインですが、コダワリのデニム生地が組み合わさることで、深みのある存在感が増しました。
デニム職人 Denham が選んだ生地だけあって、色味、素材感が最高。
デニム生地の織り目をヘリンボーンのように配置するなどのコダワリにも魅了されました。
紹介記事チェック  在庫チェック

3位:
Levi’s x New Balance M1300CL
Levi’s x New Balance M1300CL
ラフなスエードの素材感と配色にやられました。
リーバイスとニューバランスがコラボレートしたM1300です。
2020年はM1300の誕生35周年ということもあり、数多くのスペシャルモデルが発売されましたが、その中でも一番惚れたモデルです。
毛足の長いスエード、シュリンクレザー、デッドストックのデニム生地の素材使い。
ベースにおいたデニムの濃藍、それを包むメインカラーのブラウン。
素材と配色のバランスが最高です。
リーバイスのコラボモデルでは、デニムが全面に使われることが多いですが、このモデルのさり気なさも良かったです。
紹介記事チェック  在庫チェック

4位:
CONCEPTS x adidas Originals ZX 9000
CONCEPTS x adidas Originals ZX 9000
シルバーのキラメキとトリコロールのアクセントが最高です。
CONCEPTS 別注の ZX9000 は、シルバー好きには外せない一足です。
シュリンクさせてメタリックシルバーがとにかくクール。ランダムな反射が美しいです。
そして、赤白青のトリコロール、スエードのアクセントも最高のバランス。
とにかくおしゃれなスニーカーです。
紹介記事チェック  在庫チェック

5位:
adidas Originals ZX8000 SUPERSTAR
adidas Originals ZX8000 SUPERSTAR
スーパースターをペイントしたZX8000です。
1位のスーパースターと異なり、ZX8000をベースにすることでメカメカしい重厚さがアップ。
プラパーツやボリュームのあるフォルムなど、ハードな格好良さがたまりません。
紹介記事チェック  在庫チェック

6位:
adidas SUPERSTAN
adidas SUPERSTAN
奇跡の融合です!
こちらはペイントではなく、スタンスミスとスーパースターのパーツをミックスしたスペシャルモデル。
アディダスにしか作れないカスタムデザイン。
両モデル好きなら、抑えておきたいスニーカーでした。
紹介記事チェック  在庫チェック

7位:
new balance M1300JPJ Made in JAPAN
new balance M1300JPJ Made in JAPAN
欲しいけど買えない最高級スニーカーでした。
日本を代表するタンナーが厳選した本革を使い、日本の靴職人がフルハンドメイドで縫製したM1300です。
スニーカーでありながら、高級革靴。
履き心地、エイジング、全てが最高に違いない憧れのモデルです。
紹介記事チェック  在庫チェック

8位:
TOKYO DESIGN STUDIO new balance R_C1300 TB
TOKYO DESIGN STUDIO new balance R_C1300 TB
進化するM1300に惚れ直しました。
日本とアメリカのニューバランス・デザインチームが生み出したモデルです。
M1300の完成されたアッパーデザインはさることながら、タイダイ染めの味わい深い色合い、最新のソールユニットが素晴らしいです。
紹介記事チェック  在庫チェック

9位:
adidas SUPERSTAR FOOTWEAR WHITE
adidas SUPERSTAR FOOTWEAR WHITE
ユニークなレイヤードカスタム。
スーパースターに、グレーヌバックを張り合わせてリペアしたような、もしくはグレーヌバックのアッパーを切りはがして白/黒のボディーを表に出したような、不思議なデザインに魅了されました。
紹介記事チェック  在庫チェック

10位:
NIKE AIR JORDAN 1 HIGH OG CO.JP TOKYO
NIKE AIR JORDAN 1 HIGH OG CO.JP TOKYO
新作というより、復刻ですが、今年の目玉としては外せない1足。
2001年に2001足限定で発売されたエアジョーダン1の復刻モデルです。
素材、カラーリング、デザインの格好良さはもちろんですが、日本企画が世界のスニーカーシーンを変えていくエポックメイキングな作品であり、個人的にもいろんな思い出が詰まったスニーカーでした。
紹介記事チェック  在庫チェック

以上
私の2020年ベスト10のスニーカーでした。
周年モデルとなるアディダス スーパースターとニューバランス M1300が大勢を占める結果となってしまいました。
どれだけ好きなんだと……。

それでは今年も「物欲スニーカー」をチェックしていただき、本当にありがとうございました!
ちょっと更新回数が落ちてきて、紹介しきれないスニーカーも出てきましたが、2021年はさらに多くのスニーカーを紹介していきたいと思います。
みなさんのお気に入りスニーカーに出会えるお手伝いができれば幸いです。
来年もぜひ楽しんでいってください。
よろしくお願いします!

2020年に紹介したスニーカーを月ごとにチェック
1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

Pinterestで2020年に紹介したスニーカーをイッキ見

チェックリストに追加

コメント